第11回 1月5日放送
ゲスト:越渡 一道さん(株式会社越渡商店 代表取締役社長 <売買参加者>)

2015年度中の完成を目指して現在整備中の豊洲新市場。
このコーナーでは、都民の台所である市場について、そして、実際に市場で働いている方々の声とともにTOKYO ICHIBA PROJECTが豊洲新市場の開場に向けて発信している情報をお伝えしてまいります。

夏目さん:今週はどちらにインタビューに行かれたのでしょうか?

松本アナ:今週は、築地市場の場外にお邪魔をしまして、お話を伺って参りました。さっそく聴いていただきましょう。

~築地市場場外インタビュー〜

松本アナ:新年1回目の「TOKYO ICHIBA NOW!」。私は今日は築地の場外にやって参りました。
築地は折しも今日が初市ということなんですが、たくさんの人出で、お正月ムードいっぱい、という感じです。今日はその築地の場外「越渡商店」の代表取締役社長、越渡 一道(こしと かずみち)さんにお話を伺います。新年明けましておめでとうございます。

越渡さん:おめでとうございます。

松本アナ:越渡さんのお店なんですが、築地市場での売買参加者の資格をお持ちで、直接、卸売業者さんから品物を仕入れて、それを売っていらっしゃると。ですから普通のお店とはちょっと違うと。

越渡さん:せりの権利があるのと、場外ですからいろんな産地の問屋さんからも、いろんなものを仕入れています。

松本アナ:そうすると一般のお客様、消費者の方もいらっしゃるし、プロの方もいらっしゃると。

越渡さん:はい、そうですね。

松本アナ:店頭には、発砲スチロールに入った新鮮なお魚が並んでいるかと思えば、中の方に入っていきますと、卵焼きなどの加工品もあったりとか、随分扱っている品物も様々ですね。

越渡さん:そうですね、広くやるようになりましたので。もともと私どもは、塩の鮭とかたらことか、それが創業時の仕事だったんですけど、お客様のご要望で生魚とか、今おっしゃったような加工品とか、いろいろ揃えております。

松本アナ:今、何種類くらいあるんでしょうか?

越渡さん:500~600ってところじゃないでしょうか。

松本アナ:そうですか。通路狭しと、お客さまが賑やかに行き交って、お店の方もものすごく威勢がいい感じなんですけれども、こちらにお勤めになられてどのくらいになるのでしょうか?

越渡さん:私はここで生まれましたので、歳は63歳だから、仕事を始めてから50年くらい経つのかな。

松本アナ:越渡さんのお父さまがお店を?

越渡さん:はい。私は二代目です。

松本アナ:この50年の間に、ずいぶん街並み、人の雰囲気も変わったでしょう?

越渡さん:変わりましたね。今、私どもの店舗も綺麗になっておりますけれども、元々は木造のバラック、この辺は全部、そんなような建物でした。

松本アナ:そうすると50年、この築地の地に、まさにずっと根を生やしていらっしゃる越渡さんですが、越渡さんにとって築地の街とはどういうものですか?

越渡さん:生まれたところですから、故郷であり、魚の匂いが常にしている場所ですので、魚の匂いは染みついているかなと、そう思ってます。せり場をずっと回れば、いろんな魚が毎日入荷されておりますので、それが目について、新鮮さはありますよね。とても面白いところですよ。

松本アナ:いろんなお店が軒を並べるなかで、この越渡商店としての、一番のモットーというか、売りはどういうところなんでしょうか。

越渡さん:おかげさまで、量販店さんから百貨店さん、ホテルさん、居酒屋さん、(客層が)幅広いお店だと自分では思ってます。

松本アナ:それだけ品質に自信があるから、ということですよね。

越渡さん:当然そうですね。

松本アナ:さて、この市場の方は築地から豊洲へと移ることになるんですけれども、今後への期待というのを、越渡さんから聞かせていただけますか。

越渡さん:私達は場外にありまして、私達の売買参加者の組合としては、総論では賛成なんですけれども、私個人で言えば、市場がいなくなると私達がここで頑張らないといけないので、本音を言えば行ってほしくない。ただ組合のみなさんで、広い場所で新鮮な魚をより買いやすくするために行きましょう、ということですので、それは私も総論では賛成しています。

松本アナ:そうすると少しだけ、2.3kmですけれども、離れた場所ですから、そこから新鮮なお魚をこちらに持ってきて、というやり方は変わらないわけですね。

越渡さん:はい。ただ物理的にちょっと手間がかかるだけで、今おっしゃったように、広くなって勝手が良くなるのかなと、それは思ってます。

松本アナ:そうするとより多くの、いろんなものを扱って活気づくと。

越渡さん:それを望んで頑張ります。

松本アナ:本日はお忙しいところ、ありがとうございました。

~ ~ 〜

夏目さん:この後も、場外はこのまま築地に残るんですか?

松本アナ:そうですよ。市場の方は豊洲に移っても、あの場外、賑やかですよ今日も、これはそのまま残りますのでね。築地と豊洲を、ともに愛し続けていただければと思いますね。