トップページ > TOKYO ICHIBA PROJECT イベント > イベント実施報告レポート

TOKYO ICHIBA PROJECT イベント

イベントを通して、様々な“市場体験”をナビゲートします。
市場の魅力や新市場移転に向けた動きをお伝えします。

  • イベントレポート
  • イベント概要

イベントレポート

 11月17日(日曜日)、都民の皆さまに中央卸売市場の機能や役割と共に築地市場の豊洲への移転を知っていただくことを目的に、アーバンドックららぽーと豊洲においてラジオタイアップイベント「TOKYO ICHIBA NOW! ~考えてみよう 築地と豊洲のこと~」を開催しました。
 すがすがしい秋晴れの中、屋外のシーサイドデッキ(中庭)メインステージでは、築地市場で働く方々やTOKYO ICHIBA NETWORK※のメンバーの方に、市場の魅力や豊洲新市場への期待を熱く語っていただき、「築地と豊洲のこと」を考える特別な1日となりました。

摸擬せり体験ステージ

 「模擬せり体験ステージ」では、東都水産株式会社の町田さん、東京シティ青果株式会社の丸山さんをはじめ、市場で働く人が先生になって、せりについてのレクチャーを行った後、子どもたちが実際に摸擬せりを体験しました。
 普段はなかなか体験することのできない摸擬せりに参加した子どもたちは、真剣に手やり※を出してせり落としていました。上手にせり落とせた子どもには魚や野菜をモチーフにしたバルーンがプレゼントされました。身を乗り出して摸擬せりに夢中になる子どもたちの元気で可愛らしい声が会場を沸かせました。
 メインステージ周辺では、ICHIBA縁日として、釣った魚や野菜について漢字の読み書きも学べる「いちばのつりゲーム」コーナーやプロジェクトのキャラクターであるイッチーノの「ぬり絵コーナー」を設け、子どもたちの人気スポットとなりました。

※せりの時、買い手が購入したい品物の値段や数量を指で示すこと。せり人は大勢の買い手の指のサインを見定めて、一番高い値段を示した人を指名してせり落し人とします。

ICHIBA縁日「いちばのつりゲーム」

ICHIBA縁日「ぬり絵コーナー」

 会場では、メインステージイベントのほか、ららぽーと豊洲館内に設置したブースを巡り、市場のしくみや豊洲新市場について学べる「TOKYO ICHIBA クイズラリー」、築地市場と豊洲新市場を紹介したパネルの展示や市場で働く人たちの声をお届けする広報誌「Tokyo Ichiba Walker 」の配布を行いました。
 またニッポン放送「夏目三久 TOKYOナビゲッチュ~!」のコーナー「TOKYO ICHIBA NOW!」のレポーターである松本ひでおアナウンサーが訪れ、クイズラリーの様子や会場の賑わいを生レポートしました。
 来場されたお客様からは、「市場を知らない、詳しくない人には、良い機会だと思った。豊洲新市場への理解が深まった。」、「豊洲に住んでいるので、市場が豊洲に来ることの賑わいと、食生活への変化が楽しみ。」などのご意見を沢山伺うことが出来ました。

※TOKYO ICHIBA NETWORK
平成25年度の「TOKYO ICHIBA PROJECT」から、プロデューサーの牧村氏を中心に、各界の著名人により発足。それぞれの立場から築地市場の現状を考え、豊洲新市場への展望を発信。

クイズラリーのブース

パネルの展示コーナー

メインイベントステージより
1. 世界のICHIBA NOW!
TOKYO ICHIBA NETWORKメンバーのマリ クリスティーヌ氏が世界の市場の紹介と、豊洲新市場への期待を語りました。全2回のステージで、2回目のステージではイタリア料理店のオーナーシェフであるイーヴォ・ヴィルジーリオさんが登場。
マリ クリスティーヌ氏コメント
市場にはとても魅力があって、その国の文化がよく分かります。外国の方も、日本に来るとまず築地に行きたがります。リズミカルなせりのかけ声に、日本の文化をとても感じるそうです。豊洲に市場が移転すると、地域の文化全体が発展し、とても喜ばしいことだと思います。
2. スペシャルトークショー
リリー・フランキーさんと大桃美代子さんによるトークセッション。リリーさんの軽妙な語り口に、会場に笑いが起きる一幕も!
リリー・フランキー氏コメント
場内はもちろん、場外で働く人たちもたくさんいます。移転後の築地市場も改めて違う形で発展してほしいですね。今の豊洲は、まだあまり“人の匂い”がしないが、市場ができれば“人間臭さ”が出てきて、活気づいていくと思います。

大桃美代子氏コメント
新しい市場も、今築地で働いている人たちが働きやすいようになってほしいです。今は「築地ブランド」と呼ばれていますが、これからは「豊洲ブランド」として海外から注目されていくといいですね。
3. ICHIBAの語り場
東京魚市場卸協同組合相談役の伊藤宏之氏とTOKYO ICHIBA PROJECTのプロデューサーの牧村真史氏が、築地市場の現状や豊洲新市場への想いを語りました。市場で働く人ならではの視点で語る築地市場の魅力や豊洲新市場への期待など、“生の声”を感じることができました。
伊藤宏之氏コメント
あとざっと30か月、今の築地がどう変わるかわかりません。歌舞伎座も変わりましたが、中で演じているものは変わりません。市場の場所が変わっても、魚に対する変わらない文化を大事にしていきたいなと思います。

牧村真史氏(TOKYO ICHIBA PROJECTプロデューサー)コメント
この巨大な市場の移転は、たいへんドラマチックなイベントです。今後も様々な形でこのプロジェクトに関する情報を発信し、都民の皆さまと一緒にこの一大イベントを盛り上げていきたい。
4. 日本文化・歴史とICHIBA NOW!
松本栄文氏、大桃美代子氏が、日本の食文化と市場の関係性や歴史について紹介いたしました。
松本栄文氏コメント
今、食べ物について注目されてきていると思います。市場が移転することをきっかけに、今一度、都民の皆様には当たり前と思っている食べ物について、「食」について、改めて考えていただきたいです。

イベント概要

開催日時

2013年11月17日(日)
11:00 〜 18:00

会場

アーバンドックららぽーと豊洲 map(ららぽーと豊洲ページ内、「交通アクセス」へ)
〒135-8614 東京都江東区豊洲2-4-9

シーサイドデッキ(中庭)メインステージ及びその周辺
TOKYO ICHIBA トークライブ、摸擬せり体験ステージ、ICHIBA縁日&ぬり絵コーナー、パネル展示コーナー

館内1Fフロア
TOKYO ICHIBA クイズラリー

出演予定者

牧村 真史
TOKYO ICHIBA PROJECT
プロデューサー

マリ クリスティーヌ氏
世界の市場を語る
異文化コミュニケーター

松本 栄文氏
日本の食文化から市場を語る
食品学者

リリー・フランキー氏
食通の立場から市場を語る
イラストレーター

大桃 美代子氏
食の資格を多数取得
食育から市場を語るタレント

ほか

イベント内容

TOKYO ICHIBA トークライブ
TOKYO ICHIBA ネットワークのメンバーや市場で働く人々が、
スペシャルステージで市場の魅力や豊洲新市場への期待を熱く語る!

摸擬せり体験ステージ
みんなでせりを体験しよう!参加してくれたお子さまには
バルーンアーティストがつくった魚や野菜の風船をプレゼント!

TOKYO ICHIBA クイズラリー
ブースを巡って、市場の役割や豊洲新市場に関する全てのクイズに答えると、
「イッチーノ」のシールをプレゼント!

イッチーノシール

ICHIBA縁日&ぬり絵コーナー
お魚や野菜を楽しみながら覚えられる『いちばのつりゲーム』や、
イッチーノのぬり絵ができる『ぬり絵コーナー』もあります!

当日アンケートにお答えいただくと
「イッチーノ」のクリアファイルをプレゼント!

イッチーノファイル

イベントチラシはこちら。

本イベントに関する問い合わせ先:TOKYO ICHIBA PROJECT イベント事務局 tel. 03-3457-6770(平日10:00〜18:00)