TOKYO ICHIBUS セミナー

トップページ > TOKYO ICHIBUS セミナー > 2012年度開催報告

TOKYO ICHIBUS セミナー

築地市場・大田市場・豊洲新市場用地をバスでめぐり、市場の今とこれからを知るセミナーです。

2012年度開催報告

ミル・シル・マナブ。築地市場、大田市場、豊洲新市場用地を巡り、市場の機能や役割を理解するバス見学ツアー
TOKYO ICHIBUS ツアー開催

市場の認知と理解促進を目的に、築地市場、大田市場、豊洲新市場用地をバスで巡る見学ツアー「TOKYO ICHIBUS ツアー」を、平成24年11月より計5回開催いたしました。

プロジェクト公式ホームページとはがきにてツアーの 参加者募集を受け付けたところ、1,000名を超える応募があり、また、年齢も20代から80代まで幅広く、多くの方々の市場に対する 関心の高さをうかがい知ることができました。

「TOKYO ICHIBUS ツアー」は午前8時半からスタート。卸売市場の代名詞ともいえる「築地市場」、 都内では一番新設の「大田市場」、さらに、平成27年度中に、 首都圏の新たな基幹市場として施設が完成する 「豊洲新市場用地」の3ヵ所をバスで巡り、市場の雰囲気を肌で感じながら 見学して頂く、約半日のバスツアーです。

また、セミナーも実施し、各市場の概要説明をはじめ、中央卸売市場で日々 行われている「集荷」や「分荷」、「公正な価格形成」など一連の市場のしくみや役割についてのレクチャーや、市場を取り巻く流通環境の変化と歴史、市場が抱えている課題、その解決策としての豊洲新市場の整備についてのレクチャーが行われました。その後の質疑応答では、ツアー参加者との活発な意見交換が行われました。

各回事後アンケートを実施し、市場の機能や役割について、「よく理解できた」「おおむね理解できた」という回答が9割に達しました。
そして実際にバスツアーに参加された方々からは、「個人ではなかなか行く機会のない市場の雰囲気を実際に見て感じながら、市場の働きを知ることができ、親しみをもつことが出来た。」という嬉しい声も聞かれました。

各回、約60名の方がバスツアーに参加
築地市場の青果棟屋上より、青い屋根の買荷 保管所など活発な市場の様子を俯瞰で見学
大田市場の青果棟卸売場を見学するツアー 参加者。屋根付き積込場も見学
現在の市場の課題と、新たな首都圏の基幹市場となる豊洲新市場の機能と役割についてを説明
土壌汚染対策工事が進む豊洲新市場用地をバス車内より見学
土壌汚染対策工事が進む豊洲新市場用地

TOKYO ICHIBUS ツアー 概要

日時:
第1回 2012年11月20日(火)※中央卸売市場消費者事業委員会 代表・モニター委員参加
第2回 2013年1月16日(土)
第3回 2013年2月2日(土)
第4回 2013年2月23日(土)
第5回 2013年3月16日(土)
コース:
築地市場、大田市場、豊洲新市場用地の3カ所を見学 ※セミナーを中心とした見学ツアー
参加人数:
応募対象60名 ※応募多数の場合は抽選
応募対象:
東京都在住・在勤・在学の方 ※参加費無料